受験をくぐり抜けろ!いろんな学校へ行くための方法

幼稚園教諭の資格

幼稚園教諭の資格と大学および短大

幼稚園教諭になるためには幼稚園教諭の免許状を取得する必要がありますが、免許状を取得するのに最も一般的な方法は、幼稚園教員養成課程を備えた大学、短期大学および文部科学大臣の指定する専門学校や教員養成所で、定められた学習科目の単位を取得することです。 幼稚園教員免許状を取得するために最低限必要とされている科目と、その単位数は「教育職員免許法および教育職員免許法施行規則」というもので決められています。 そのため、これらの教育機関のカリキュラムはどこも基本的に同じものになっています。 そして、それらのカリキュラムは大きく「教科に関する科目」群の教科と「教職に関する科目」群の教科というふたつのカテゴリーに分類されています。

大学で取得できる幼稚園教諭の資格

幼稚園教諭になるためには免許状が必要なのですが、御存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこの免状には幾つかの種類があります。 まずは「普通免許状」と「臨時免許状」です。 臨時免許状というのは普通免許状を有する職員がどうしても採用できない場合の特別なもので、それに対し、将来の職業として幼稚園教諭を選択した人が大学や短大に入って取得するのが普通免許状です。 この普通免許にも「専修」、「一種」、「二種」の三種類があります。 二種免許状は短期大学や専門学校を卒業すれば取得することができますが、一種免許状は四年制大学を卒業し学士号を有する者しか取得することはできません。 専修免許状を取得するには、さらに大学院を卒業する必要があります。